東大王・QuizKnock・伊沢 拓司の勉強法をまとめてみた!誰でもできる方法はある!?

izawa_takushi

Pocket

人気テレビ番組『東大王』や人気YouTubeチャンネル『QuizKnock』(2021年6月現在チャンネル登録者数163万人)に出演している伊沢拓司さん。

quizknock

画像出典元:気ままゆおログ

東京大学出身で現在はメディアに出演しながら、クイズの面白さを伝えている。

東京大学に入学したほどの頭脳を持っている伊沢拓司さん。勉強方法がどんなものなのか気になったので調べてみました。そこで、どんな人にもできる勉強方法を紹介したいと思います。

 

華麗なる学歴

勉強方法をお伝えする前に、伊沢拓司さんの学歴が華麗すぎたのでご紹介します。

暁星小学校
  ↓
開成中学校・高等学校
  ↓
東京大学経済学部
  ↓
東京大学大学院農学生命科学研究科農業・資源経済学専攻修士課程中退

小学校はあまり知らなかったですけど、けっこう名門らしいです。

開成中学校・高等学校は東京大学合格者数が40年連続(1982年~2021年)で首位らしいです。

kaisei

画像出典元:アベブログ

東京大学は日本一の大学で間違いないですよね。

スゴイ学歴ですね。うらやましいです。その頭脳と肩書きが欲しいです。

 

伊沢拓司の高校時代の勉強方法は?

伊沢拓司さんは高校時代どのような勉強方法で東京大学に合格されたのでしょうか?

その勉強方法を量と質という点から見てみましょう。

 

量:時間を決める

受験生のころに設けていた量の基準は、22時までは勉強をやめない。22時になったら学校や自習室を出て家では勉強しない。この時間まではやろうと最低限の量をこなしていた。基本的には22時ルールで最低限の量を担保していた。

引用元:読むらじる。

時間を決めること。12時間13時間は勉強しておられたようですので、始まりは朝の10時ということでしょうか。12時間13時間勉強できるだけも超人です(ちょっと真似できません。)が、22時までは勉強すると決めることが重要なんでしょうね。

時間という分かりやすい量を確保する。ということが重要ですよね。どれだけやったか、ということが分からないと、進んでいる気になれませんからね。

 

質:1日1点あげることができたかを振り返る

1日1点主義。塾を出るときにきょうの勉強は1日1点あげるために役にたったのかっていうことを考える。毎日の勉強を振り返ることで質を高めていく。質をはかるのはなかなか難しいが、受験本番前から逆算をして1か月、1週間、1日の3つのフェーズで目標を決める。

引用元:読むらじる。

受験というのは、点数が出るので、すごくわかりやすいですよね。1日1点上げることができれば、進んでいることが確認できるので良いですよね。漠然と勉強していても達成感がないですよね。

量と質は対立する概念ではなく、量と質の掛け算があって成功が得られるのではないかと。

引用元:読むらじる。

量と質を掛け合わせる

sharinn

画像出典元:Ameba

時間を確保して、1点上がっている勉強ができているかを確認する。これが重要なんですね。

 

暗記の勉強方法は?

伊沢拓司さんの勉強方法はたくさんあるでしょうが、今回は暗記の勉強方法についてまとめてみました。

・暗記には2種類ある

暗記にはミクロ暗記(細部まで覚えておかなければならないもの)とマクロ暗記(大筋を覚えていれば良いもの)の2種類があります。

・ミクロ暗記とは?

漢字、英単語、数学の公式など。細かいところを間違わないようになるまで練習。とことん練習してからお手本を手放す。ポイントは答えを見ないで反復練習をすること。

・マクロ暗記とは?

ストーリーを話す、プレゼンテーション、日本史の流れなど。
論理性があるため、因果関係を覚えることが暗記のポイント。全部を覚えなくても良い。ただ、メリハリをつけて覚えること。なぜそうなった?それでどうなった?など原因と結果をつなげて覚えることが重要。

・復習は必須

伊沢拓司さんも忘れるし、間違うので、それを否定せず、受け入れ、その分回数をこなす。忘れたら、また覚える。忘れたら覚えるという反復練習(復習)を大切にしている。

 

ビジネスマンにも勉強方法は活かせる?

暗記の勉強方法で私のようなビジネスマンにも活かせるのか考えてみました。例えば、資格の試験を受けるとして、細かい単語を覚える資格試験ならば、ミクロ暗記。

プレゼンテーションをうまく行いたいなら、マクロ暗記など、暗記を分類して、それぞれの暗記の方法を確実にこなせれば、成果を得ることができると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は伊沢拓司さんの勉強方法について記事にしてみました。

暗記

に焦点を当ててご紹介しました。

もっと知りたいという方は伊沢拓司さんの著書

『勉強大全』という本があるので、読まれると良いと思います。

私もいつか読んでみたいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.