落合陽一の父は国際ジャーナリスト!あの有名CMの初代キャラクターだった!

ochiai_youichi

Pocket

メディアアーティスト・博士・34歳.HCI・Fab・XR・AI・CGHの研究者&物書き&スナップ写真家.計算機自然・多様性社会を目指す大学准教授でセンター長・経営者w/3児4猫

⇒twitterのプロフィールより。誰でしょう。

落合陽一さんです。

ochiai_youichi_1

画像出典元:偏愛人語

間違いなく現代を代表する人物の一人である、落合陽一さんの父はどんな人だったのでしょうか?

調べてみました。

 

父は有名な国際ジャーナリスト!

落合陽一さんの父は落合信彦さんという国際ジャーナリストです。

ochiai_nobuhiko_1

画像出典元:NEWSポストセブン

2021年現在79歳です。(1942年1月8日)

国際情勢や各国の裏事情をレポートした作品が多く、著書は130作以上という方です。

 

近年は、若者向けの人生指南書を多数執筆している。

アサヒビールから発売された辛口生ビール「スーパードライ」のテレビCMの初代キャラクターに起用された。

asahi_superdry

画像出典元:Aucfree

勝ち組クラブという公式ホームページもあります。

kachigumiclub

画像出典元:勝ち組クラブ

※現在は会員を募集しておらず、ホームページだけが残っています。2017年辺りから更新されていません。

 

落合信彦の現在は?

落合信彦さんは現在何をされているのでしょうか?

79歳というご高齢のため、主な活動は無いようです。

本は2016年に出版された

『そして、アメリカは消える』が最新です。

2016年のヒラリーvsトランプの大統領選について批判した内容になっています。

また、

こちらも2016年にSAPIOの記事で息子落合陽一さんと対談しているのが

最新の露出のようです。

こちらも、アメリカの劣化について対談しておられます。

これからは、落合陽一さんのお父さんというイメージが先行するのではないでしょうか?

 

落合信彦は胡散臭い?

落合信彦さんは、いったいどんな人物なのでしょうか。

1977年に「週刊文春」でケネディ米大統領暗殺事件の真犯人が、前大統領であるニクソンだとした『二〇三九年の真実』を発表したことで注目を浴びた。

落合信彦の半生

もともと、東京下町の家庭から、独学で英語を習得して、米オルブライト大学へ進学。

空手教室を開き、教え子が後にCIAや米政府高官などになり、情報源になったという。

卒業後は、ジョニーという友人と石油ビジネスを開始、エクアドルで10万バレルの油田を掘り当てるなど大成功を収めるも、作家活動に専念するため、成功を手放した。

ハードボイルドな人物像に世間は熱狂したそうです。

・CIAに200名の知り合いがいる。

・情報収集のために使う費用は年間3000万円。国際電話代は月に200万円以上かかる。

・襲撃に備え、レストランでは常に壁を背にして座る。

・車に乗り込む前は、爆弾がしかけられていないかチェックする。

など落合信彦伝説は数多くあります。

今読むと、笑っちゃいそうですが、当時は一部の人たちは本気で信じていたのかもしれません。

落合信彦さんと対談したことのあるテリー伊藤さんは

terry_itou

画像出典元:デイリー

『落合信彦を批判することは、プロレスに対して「八百長だ!」などと怒っているのと同じなのだ』

と評している。

プロレスはエンターテイメントです。落合信彦さんの伝説ももしかしたらあり得るかも、でもあり得ないよな、どっちなんだろうか?あり得たら面白いよね。などと想像するエンターテイメント要素があったのかもしれませんね。

それがちょうど時代とマッチしたのかもしれません。

 

子育てはほぼしていない

落合信彦さんは落合陽一さんにどのような影響を与えたのでしょうか?

1987年、落合信彦さんが45歳の時に落合陽一さんが誕生されました。

その頃の落合信彦さんは超多忙なため、ほぼ子育てはしていなかったそうです。

母親も、会社を経営していたそうで、両親ともに超多忙だったようです。

そのため、落合陽一さんは、祖父母に育てられたようです。

 

ちょっと変わった教育方針

子育てはほぼ丸投げ状態の落合信彦さんですが、教育方針として子供に現金を持たせなかったんだそうです。

欲しいものがあれば、それを信彦さんにプレゼンテーションして、納得させなければならいとういものです。

「なぜ欲しいと思うのか」

「それが手に入ると、どんないいことがあるか」

をプレゼンしたといいます。

そして、信彦さんを納得させることができれば、お金ではなく、その欲しいものが手に入るということです。

うわ、めんどくせぇ、お金くれよ、お金。

と思っちゃいましたが、それは、お金に支配されているのかもしれません。

必要なのはモノですから、間違っているのは、私のような気がします(汗)

そして、落合陽一さんは、お金に執着していないスタンスですので羨ましい。

 

落合信彦の人脈が落合陽一を育てた

落合信彦さんは交友関係が広く、友人が家に遊びに来ていたとのこと。

外尾悦郎(そとおえつろう)さん⇒サグラダ・ファミリア主任彫刻家

sotoo_etsurou

画像出典元:日経ビジネス

角川春樹さん⇒実業家。元角川書店社長

 

黒川紀章さん⇒建築家

の他に

イスラエル空軍の人やスパイみたいに怪しげな人たちも家に訪れて、それが大きな刺激になったと言います。普段出会えない人たちと出会い、直に話が聞けることは大きな財産ですよね。

 

世間の声


私もそういう認識しかないです。落合信彦さんの偉大さを知らない世代です。

熱い言葉は、自己啓発として使えそうですが…

 

まとめ

落合陽一さんの父は国際ジャーナリストの落合信彦さん。

落合信彦さんの、教育方針が変わっていて、欲しいものは、プレゼンさせていた。

落合陽一さんは、父の人脈の影響を受けている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.