ディーン・フジオカの本名は藤岡竜雄!ギャップのある芸名には驚きの過去が!

俳優のディーン・フジオカさん。

ドラマに多数出演されていますよね。

『ディーン・フジオカ』という名前は芸名であることが判明しました!

本名は『藤岡竜雄』さんです。

なぜ『ディーン・フジオカ』になったのでしょうか?

その辺りを深堀りしていきます!

ぜひご覧ください

 

芸名の由来

芸名(ディーン・フジオカ)の由来を番組で語っています。

ディーン・フジオカさんはアメリカで生活したことがあります。

ホストファミリーと生活させてもらってたんですけど、ホストファーザーに『Dean(ディーン)』って言う名前をもらいました。でもその時は使わなかったんですよ。学生だったんで

その後

流れ着いて香港に行ったんですけど、そこでこの業界の仕事を始めて。凄く厳しい世界だったんですね。少しでも覚えていただけるといいなと思って、”DEAN FUJIOA(ディーン・フジオカ)”という名前で活動を始めました

海外で活動をするようになったため、DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)という名前を使うようになったんですね。

 

ディーンフジオカ:プロフィール

画像出典元:NHKアーカイブス

本名:藤岡竜雄

生年月日:1980年8月19日

出身地:福島県 須賀川市

身長:180cm

藤岡竜雄がディーン・フジオカになるまで

ジュノンボーイコンテスト出場

ディーン・フジオカさんは17歳の時に本名の『藤岡竜雄』で第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場しています。

その時は、ファイナリストまで残っています。

アメリカ留学で海外へ

その後、アメリカのシアトルのコミュニティカレッジ(公立の二年生大学。学費が安いことが特徴。)のシアトルセントラルカレッジを卒業後、アジア各国を旅する中で、香港でファッション誌の編集者に声をかけられてモデルデビューしました。

「ITをアカデミックに勉強するならアメリカだな、と。あと、父親がよく海外出張して外国の映画や音楽のソフトを買ってきてくれたので、海外に興味が強くあったことも理由の一つです。」

あと、花粉症がひどくて、海外に行ったという説もあります。

大学ではITを専攻しており、当初はアメリカに永住してIT関連の起業家を目指していました。

 

台湾を中心に芸能活動開始

ところが就労ビザを申請したところ、却下を受けました。それが原因で卒業後はアジア各国を放浪して、様々な経験を積んだのちに、香港を拠点に置くことになります。

「大学を卒業した後、そのままアメリカに住んで仕事をするつもりでしたが、9・11の影響でビザが取れなくて。そんな中、大学入学当時の教授が「これからはアジアの時代だ!」と話していたことがずっと気にかかっていたのを思い出して、自分のルーツであるアジアを放浪してみようと思ったんです

そしてたまたま現地のクラブのイベントで飛び入りでラップを披露したところ、モデルとしてスカウトされています。

さらに2年後には台湾に拠点を移して、数々のテレビドラマや映画に出演しています。

画像出典元:クランクイン

映画『8月の物語』(2005年)で初めて役者として映画出演したのがきっかけで、台湾からドラマへの出演依頼をいただきました。同時に2本もオファーをいただいたので、1年間は台湾にいることになるなと思い、生活のベースを香港から台湾に移したんです。」

逆輸入で日本へ

2013年に日本から声がかかりました。『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』に出演されています。この映画はイギリス人女性を殺して逃亡した市橋達也を描いたものだったので出演には猛反対されています。

画像出典元:MOVIE WALKER

この映画には、相当な覚悟をもって挑みました。この映画に自分が出演することで、もう一生日本で仕事が来ないという可能性もあり得ましたし、周囲からも猛反対されました。もしも事件があった当時、僕が日本に住んでいて事件を知っていたらこの仕事はやらなかったと思います。

2015年のNHKの朝ドラ「あさが来た」の五代友厚役で大ブレイクします。台湾からの逆輸入という形でした。

画像出典元:HOMINIS

“五代ロス”という言葉が生まれるほどのハマり役で、日本でディーン・フジオカさんが認知されるきっかけになりました。

その後は、『シャーロック』(2019)、『パンドラの果実』(2022)で主演。

画像出典元:ビジネスジャーナル

ほかにも『危険なビーナス』(2020)、『青天を衝け』(2021)など話題作に出演されており、今後の活躍も楽しみです。

世間の声

まとめ

ディーン・フジオカさんの本名は、『藤岡竜雄』さん。

もともとは、台湾で芸能活動を開始。そのころの芸名がディーン・フジオカ。

2013年逆輸入で日本の芸能活動開始!

2015年NHK朝ドラ「あさが来た」で日本での認知度が高まった。

その後、現在に至るまで、日本の芸能界で活躍している。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。