永瀬廉の生い立ちが壮絶!各地を転々と移住するには大きな理由があった!

ドラマ、映画に多数出演されているKing & Princeの永瀬廉さん。そんな永瀬廉さんですが、生い立ちには苦労があったようです。今回は、そんな永瀬廉さんの生い立ちについて、記事にしましたのでぜひご覧ください。

生い立ちから大学まで

永瀬廉さんの生まれは東京です。2歳の時まで、荒川区に住んでいました。

その後幼稚園は東京→名古屋→大阪と引っ越しを繰り返しています。

小学校は大阪→北海道→大阪とここでも引っ越しをしています。

中学校は3年間大阪で過ごし、高校で大阪から東京へと引っ越しています。

生まれてから、現在の東京に落ち着いて住めるようになるまで、5回引っ越しをしています。大人になるまでに、

これだけ引っ越しをする方も少ないのではないでしょうか。

なぜ引っ越しを繰り返さなければならなかったのか

そもそも永瀬廉さんはなぜこんなに引っ越しを繰り返さなければならなかったのでしょうか?

それは、お父さんの仕事が関係しています。

永瀬廉さんのお父さんは、自衛隊のパイロットです。

そのため、各地を転々とする必要があったのでしょう。

自衛官は転勤が多いと聞きますが、どれぐらいの頻度で転勤がありますか?という質問に対して

階級および職種(職域)または、陸・海・空自衛隊により異なりますが、自衛隊一般的に幹部自衛官は2〜3年ごと、曹は部隊に配置されてから2〜10年程度ごとに転勤があります。士は最初に配属になった部隊で勤務を続けるので、一般的には転勤はありません。

自衛官募集

と回答されています。2~3年で転勤というのが普通みたいですね。

小学校時代

東京から、大阪に引っ越した永瀬廉さん。小学校1年生は大阪府内の小学校に入学。その後父の転勤のため、小学校3年生の時は、北海道、札幌市内の小学校に転校します。

それから、また小学校6年生の時に大阪の八尾市に戻ってきます。

八尾市立安中小学校を卒業しています。

画像引用元:itot

かなり大変ですよね。友達を作るのにも苦労されたのではないでしょうか。

札幌市に住んでいた小学校3年生から大阪に転勤する前(北海道に住んでいた時期)はフットサルのチームに所属しています。

八尾市に移住した小学校6年生から中学2年生までは、サッカークラブに在籍していました。

小さい頃から、サッカー少年だったんですね。


中学校時代

永瀬廉さんは中学校時代はずっと大阪にいました。八尾市立成法中学校に入学し、3年間通い、同校を2014年に卒業しています。

画像引用元:itot

中学校時代に永瀬廉さんは、中学1年生の時に、ジャニーズ事務所に入ります。

母親が、ジャニーズ事務所に履歴書を送ったことがきっかけです。永瀬廉さんは、お母さんが、履歴書を送ったことが相当、嫌だったらしく、当時をこう振り返っています。

(アイドルになりたいなんて)1ミリもなかったです。

むしろ1番なりたくない職業の1つでしたね。

人見知りってのもあって、前に出たくない。

(履歴書送られた時は)ほんま余計なことしてくれたなっていう。

ジャニウィキ

最終的には、母親の「自動鉛筆削り器買ってあげる」という言葉に負けて、オーディションを受けた、永瀬廉さんでした。

高校時代

永瀬廉さんは、高校は、大阪学芸高校・特技コースを入学、卒業されています。

この高校は芸能人が多く在籍していたことが入学した理由でしょうね。

主な卒業生

西畑大吾、道枝駿佑、大西流星、長尾謙杜(全員、なにわ男子)

小滝望(WEST.)

すでに人気のあった永瀬廉さんは、仕事が忙しく、部活には所属しませんでした。

その後、中島健人さんの勧めで、明治学院大学を目指すことになります。

推薦で、現役で合格されています。

大学は明治学院大学

大学に関する記事はコチラ↓

https://芸能人ニュース.com/celebrity/nagase-ren-university

2年半留年したもののしっかり卒業されているところは流石です!

まとめ

永瀬廉さんは産まれてから、大学入学まで、5回引っ越ししている。

引っ越しの理由は父の転勤。

度重なる引っ越しは、永瀬廉さんの性格にも影響を与えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です