2022年最新!野茂英雄は現在53歳。仕事は4つで、年金は2,000万円予定!子供は2人!

メジャーリーグ挑戦のパイオニアといえば野茂英雄さんです。

現在の野茂英雄さんは何をしているのでしょうか?

2022年現在の野茂英雄さんの

  • 仕事
  • 年収
  • プライベート

について詳しく記事にしておりますのでぜひご覧ください!

野茂英雄の現在の仕事

野茂英雄さんの現在の仕事は4つあります。

ベースボールクラブの代表理事

サンディエゴ・パドレスのアドバイザー

野球解説

カフェの経営

仕事①:ベースボールクラブの代表理事

野茂英雄さんは、2003年にご自身が設立した【特定非営利活動法人NOMOベースボールクラブ】の代表理事をつとめています。

NOMOベースボールクラブは、野球を通じて心身を鍛錬し、成長させてきた青少年たちが、社会人となってからも継続して野球に取り組める環境を提供するとともに、野球競技者の技術の向上や親睦交流に関する活動など、アマチュア野球の普及発展に貢献する活動を積極的に展開し、スポーツ振興をはじめ、野球を通じて青少年の心身の健全育成をはかることを目的として設立します。

また、これらの活動を行う主体としての活動基盤を確立するために、特定非営利活動促進法に基づく法人格を有する特定非営利活動法人として設立するものであります。

引用元:NOMOベースボールクラブ

基本的には、野球をしたくてもできないのでNOMOベースボールクラブに所属するということが、目的だと思いますが、ここで経験を積んで将来はプロ野球を目指す人も多いみたいですね。

野球への恩返しという形でアマチュア野球界⇒野球界の活性化に一役かっていますね!

 

仕事②:サンディエゴ・パドレスのアドバイザー

野茂英雄さんの仕事2つ目はメジャーリーグチーム、サンディエゴ・パドレスのアドバイザーです。

ベースボール・オペレーション・アドバイザーというのが正式な名前で

野球チームの編成部直属のアドバイスする人という位置づけです。

監督直属のコーチとはまた違い、球団直属ですので、運営にも関わってくると考えられます。実際、パドレスが野茂英雄さんに求めるものについて自身が語っています。

日本とアジア圏でパドレスの存在感を高めていきたいと思っています。ペトコ・パークにもっとアジアのファンが集まるように、アジアとアメリカにいるファンのために、良い選手がパドレスに来てほしいと願っています。

2021年,2022年にも野茂英雄さんからダルビッシュ有さんにピッチングのアドバイスをしている。

画像出典元:dmenuスポーツ

ダルビッシュさんも大先輩の野茂さんのコーチングに対して

「野茂さんに見てもらうのもすごいことやけど、質問に答えてもらえるって普通に考えてありえないよなって思います。野茂さんの引き出しの多さにもビビッてます」とツイッターでつぶやいた。

 

仕事③野球解説

野茂英雄さんの3つ目の仕事はプロ野球解説の仕事です。年間1~2回の頻度で行っています。

野茂さんは2022年6月オリックス-阪神戦で解説を務めました。

元ヤクルトの監督古田敦也さんとのW解説でした。古田さんはオリックスの中嶋聡監督と、阪神の矢野燿大監督、野茂さんが「同じ年」であることを指摘し、「同じ世代を活躍していた選手たち。僕も見ていて楽しいですね。ライバル意識あると思いますよ。」と紹介した。

この解説を受けて、実況アナウンサーから「それぞれの監督のカラーは指揮に出ていますか?」と質問したところ野茂さんは「全然わからないですね。そこまで見れてない。すみません。」と答えた。

分からないと言えるところが、野茂さんらしいですね。

ふつうは言えませんもんね。

 

仕事④コーヒーブレンドのプロデュース

野茂英雄さんはコーヒーが相当好きなので、好きなコーヒー豆のオリジナルブレンドをプロデュースしているそうです。

画像出典元:京都のお墨付き!

これまで色々なコーヒーを飲んできましたが、その中でも友人が紹介してくれたポートランドコーヒーロースターズのコーヒーの美味しさは格別で、初めてポートランドの焙煎工場を訪れた時のコーヒーの香りには衝撃を受けました。

日本でもこのコーヒーを沢山の人に飲んでもらいたいという思いから、僕はオリジナルブレンドも作ってもらい、アメリカからコーヒー豆を輸入しています。

果実のような甘い香りが際立つNOMOブレンドは、苦みが少なくスッキリした味わいで、今までコーヒーが苦手だった人にも飲みやすいブレンドだと思います。他にも自信を持っておすすめできるコーヒー豆を取り揃えていますので、僕の好きなコーヒーをぜひ一度飲んでみてください。

引用元:HIDEO NOMO Official Site

62歳開始の年金は2,000万円!

メジャーリーグの年金制度が手厚すぎると話題です。

野茂英雄さんは10年以上メジャーリーグで活躍されていました。

そのため、メジャーリーグの年金制度によると、約2,000万円の年金をもらうことができます。

年金の受給開始は62歳からですので、そこからは野茂英雄さんは年間2,000万円もらえて暮らすことができるので、もう一生安泰ですね。ちなみに、前倒しで45歳からならいつでも受け取ることは可能ですので(ただし、年間の受け取る額は減る)いつ仕事が無くなったり、できなくなっても安心ですね。

 

子供は2人いる

野茂英雄さんは1991年に森本紀久子さんという野球チームのチアガールと結婚しています。

画像出典元:ニュース&芸スポ

野茂英雄さんと森本紀久子さんの間に子供は2人います。

長男

名前:野茂貴裕

画像出典元:Number

生年月日:1992年【2022年現在30歳】

 

大学:アメリカ・サンフランシスコ メンローカレッジ

 

次男

名前、生年月日などすべて非公開

 

長男は元日本ハムの通訳

野茂貴裕さんは2015年に日本ハムファイターズに通訳として正式に入団しました。その後2018年に退団されるまで、3年間活躍されました。

画像出典元:毎日ファイターズとちょいちょい家族。

通訳として仕事をする際に野茂英雄さんから特にアドバイスというものもなく、ご自身も父・英雄さん譲りの寡黙な性格のようです。

お父さんの背中を見て育ったらしいです。

 

世間の声

まとめ

野茂英雄さんの現在の仕事は4つ

・NOMOベースボールクラブの代表理事

・サンディエゴ・パドレスのアドバイザー

・野球解説者

・コーヒーのプロデュース

です。

年金は2,000万円もらえる予定。

妻1人、子供が2人いて、長男は2015~2018年まで日本ハムファイターズで通訳として活躍していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。