菊池風磨の大学は慶應義塾大学!チャラ男と思わせ、実は相当な努力家!

Sexy Zoneのメンバー、菊池風磨さん。

YouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』の中心メンバーであり、ドラマやバラエティで大活躍している菊池風磨さん。

チャラい感じに見せておいて実は大学を卒業しているという秀才です。

☑菊池風磨さんの大学について

☑菊池風磨さんの大学生活について

を詳しく記事にしておりますのでぜひご覧ください!

菊池風磨の大学・学部・偏差値

菊池風磨さんの卒業大学は

慶應義塾大学総合政策学部です。偏差値は72.5です。

2013年に入学し、2017年に卒業されています。←きっちり4年で卒業されているのはすごいですね!!!

入学方式は一般入試ではなく、AO入試です。

 

慶應義塾大学を選んだ理由

菊池風磨さんが慶應義塾大学を選んだ理由は何だったんでしょうか?

理由は2つあります。

理由1:祖父からの助言

小さい頃から、祖父に「多くの同志に出会えるから、大学には行ったほうがいい」と言われてきたそうです。祖父は早稲田大学出身だったので、菊池風磨さんは祖父とは違う大学の慶應に行ってみたいと思ったそうです。

大学受験を真剣に考え始めた時、まず何をしたいのかを考えると、心理学や音楽などさまざまなことに興味がありました。

そんな中で多種多様なジャンルの学問を学べる総合政策学部を見つけ、自分に合っていると感じました。

それが憧れの慶應大学ということもあり、ここを志望するしかないと思いました。

総合政策学部

「実践知」を理念とした「問題解決のプロフェッショナル」を育成。

総合政策学部は、1990年、湘南藤沢キャンパスに開設。同時に開設した環境情報学部とカリキュラムを共有しており、それぞれの学生は2つの学部を自由に行き来して学んでいます。

いま我々が直面している21世紀の世界の問題の解決に必要なのは、政府による「公共政策」のみならず、企業や非営利組織、個人といったさまざまなアクターの協働による解決への「処方箋」です。

総合政策学部は「実践知」を重視しながら、ひとつの学問領域だけでは解決困難な多様な問題の解決に資する新しい「知」を生み出す力を涵養します。情報言語や自然言語の実践的な教育、国内外各地でのフィールドワークも充実。問題を的確に見定め、その解決方法を提案し、実行までできる「問題解決のプロフェッショナル」を育成します。

引用元:慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス

 

理由2:櫻井翔さんの影響

慶應義塾大学を選んだ2つ目の理由は先輩・嵐の櫻井翔さんの影響が考えられます。

画像出典元:Sirabee

嵐に憧れて中学2年のときに自分で履歴書をジャニーズ事務所に送ったという菊池風磨さん。嵐の櫻井翔さんが慶應義塾大学を卒業しているということは少なからず、菊池風磨さんが慶應義塾大学を選ぶ理由になっていたと思われます。

菊池風磨さんが大学在学中、仕事がかなり忙しくなったとき、櫻井翔さんにいろいろ相談にのってもらっていたようで、

「この仕事をしているからこそ、4年で卒業できるように頑張ったら良いんじゃない?」「周りに驚いてもらえることが多いし、そこで得られるものはたくさんあるから頑張ってみたら良いんじゃない?」というアドバイスともエールともとれる言葉をかけてもらったそうです。

 

大学生活は?

菊池風磨さんの大学生活はどんな感じだったのでしょうか?

ノートの貸し借りをする

2021に放送されたラジオ番組『Sexy ZoneのQrzone』で自身の大学生活について語っていました。

勉強会をしても勉強せずに終了し「結局何もできてないじゃん!みたいな。じゃあ明日も集まろうぜ!って」といかにも慶應義塾大学生っぽいノリの良い大学生活を送っていたことを告白。

「結局もうノートはコピーするからどっか行かね?ってなっちゃったりしてさ」と大学生活を振り返っていた。ほんとザ大学生!って感じの大学生活を送っていたことが分かりましたね。

 

ドラマと学業の両立が大変!

菊池風磨さんはかなりの努力家です。チャラそうに見えますが、努力家です。それが分かるのが、仕事と学業を両立していたところです。

大学2年生の時にはドラマ『GTO』にレギュラー出演していました。

大学3年生の時には、ドラマ『アルジャーノンに花束を』に出演していました。

大学4年生の時には、ドラマ『時をかける少女』に出演していました。

大学時代もドラマに出ずっぱりでした。大学の学業も、仕事も忙しすぎて、いつ寝ているのって感じですね。

慶應義塾大学は、同じ学年で2度留年すると、退学になってしまうという、厳しい大学です。

そんな大学で、4年間で卒業できるなんて、頭もよくないといけませんし、努力もしないといけません。

テレビ番組で慶應義塾大学を選んだ理由に『モテるため』と言っていましたが、おそらくテレビ用の発言だと思われます。

画像出典元:Tik Tok

 

なぜなら、モテるだけで入学も進級もできるような、ましてや卒業できるような大学ではないからです。

どうも菊池風磨さんは、チャラ男を演じていて、実はかなりの努力家なんじゃないかと思います。

 

卒論のテーマは「新しいライブを作る」

2017年のドラマ『嘘の戦争』(草なぎ剛さん主演)の制作発表時、正月の過ごし方が話題になりました。その際に、菊池風磨さんは、「卒論を書いていました」と報告。

テーマを聞かれると「恥ずかしいんですが、新しいらしいライブをつくる」とのこと。「今までのライブと違ったもの、今までのライブの概念をいい意味で壊したいと考えています」とのこと。

卒論ってこんなに大変だったんだと実感しています。期日が迫っているのでワナワナしています。今年の抱負はこのドラマを精一杯頑張る、あとは卒業したいですね。卒論が書ければストレートに4年で卒業できるので

卒論ってかなり大変ですよね。卒論がない学部とかも増えてきて、楽するためにそのような学部を選ぶ人もいるなか、きっちり卒論を書ききって、4年で卒業している菊池風磨さんは、すごいと思いますね。

 

世間の声

 

まとめ

菊池風磨さんの卒業した大学は慶應義塾大学総合政策学部です。

大学を4年で卒業するという、相当な努力家である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。