落合陽一が病気ではないかと噂される理由は4つ!子供もある病気だった!!

研究者であり、メディアアーティスト、起業家などいくつもの顔を持つ落合陽一さん。彼は病気ではないか?と噂されています。

実際、落合陽一さんが病気なのかどうかを徹底リサーチしましたので、ぜひご覧ください!

落合陽一が病気と噂されるエピソード

では、なぜ落合陽一さんが病気ではないかと噂されているのかを挙げてみました。

①老けすぎている

まず、一つ目の理由は、落合陽一さんが老けすぎているという点です。落合陽一さんは1987年生まれ。2023年現在36歳という年齢です。

世間の声でも『老けた』『年齢と合っていない』など、ささやかれています。実際、2023年の彼の写真を見てみましょう。

画像引用元:X

上の写真を見ると、確かに老けているように思います。しかし、落合陽一さんの顔自体が、見ようによっては老けて見えるだけで、急に老けたわけではなさそうです。

 

②睡眠時間が短すぎる

落合陽一さんは睡眠時間が短いことで有名です。世間一般で言われるショートスリーパーです。落合さんの睡眠時間は基本3時間のようです。

なぜ3時間なのかというと、多忙だからです。落合さんは研究者でありながら、経営者でもあります。また、メディアにも出演されているので、時間がいくらあっても足りません。

そんな中、時間を捻出するには睡眠時間を削るしかありません。

③緑内障の検査にひっかかる

落合陽一さんはXで緑内障の検査に頻繁にひっかかる。とツイートしていました。

緑内障とは

緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。 治療が遅れると失明に至ることもあります。 症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。

引用元:Santen

画像引用元:おくやま眼科

④食生活がバグっている

落合陽一さんは食生活が普通の人とは違います。グミが主食で、「つぶグミ」というグミが特に好きなようです。「つぶグミは僕の白米」、「つぶグミはグミ界のユニクロ」と発言しており、大のお気に入りなようです。

子供も病気だった!

口唇口蓋裂とは?

口唇口蓋裂とは、胎児期の顔面の発達や癒合に異常が生じて上唇や口蓋(口の中の天井に当たる部位)、歯茎などを左右に分裂するような亀裂が生じた状態で生まれる病気のことです。日本では出生児の500~600人に1人が発症するとされており、比較的頻度の高い先天性疾患(生まれつきの病気)といえます。

症状の現れ方は、発達や癒合の異常の程度によって異なり、上唇だけに亀裂があるケースもあれば、上唇・口蓋・歯茎の大部分が左右に分断されているケースもあります。

口唇口蓋裂は単に“見た目”の異常が生じるだけでなく、口蓋が大きく裂けている場合はミルクや食事を十分に取れない、正常な発音ができないといった症状が見られることも少なくありません。

引用元:Medical Note

現在は完治している?

現在、落合陽一さんのお子さんの口唇口蓋裂は手術で完治されているようです。

まとめ

とにかく落合陽一さんは変わっている!!

そこが面白くて、魅力的!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です