なぜ!?冨樫義博の2022年現在、漫画を描けなくなった本当の理由が衝撃!

togashi-yoshihiro

【HUNTER×HUNTER】の作者・冨樫義博さん。

休載期間が長引いています。

2022年現在、冨樫義博さんは何をされているのでしょうか?

調べてみましたのでぜひご覧ください!

冨樫義博は2022年現在何をしているのか?

冨樫義博さんが2022年現在何をしているのでしょうか?いろいろな説があるのでご紹介します!

無職説

2018年のインタビュー記事でしっかりと【東京都在住(無職)冨樫義博】と記載されています。

togashi-yoshihiro

画像出典元:カツタのつぶやき

自虐的に無職と書かれていると思うのですが、願望なのか、このまま【HUNTER×HUNTER】を未完で終わらせるのか、憶測は広がりますね。

死亡説

死亡説も出ているみたいです。ヤフー知恵袋で質問がありました。⇓

togashi-shibou

画像出典元:YAHOO!知恵袋

回答⇓

kaitou

画像出典元:YAHOO!知恵袋

kaitou2

画像出典元:YAHOO!知恵袋

死亡説は昔からあるみたいで、ガセネタです。

引退説

【HUNTER×HUNTER】が再開されなさすぎて、もう引退してしまったのか?という意見もありますし、もう期待し過ぎてしまうので、

体の具合が悪くてもう漫画描けないのならこのまま引退した方がいいと思います。」という意見もあります。

待ちすぎて疲れたという感じでしょうか。

なんか解る気がします。

 

【HUNTER×HUNTER】はいつ再開されるのか?

【HUNTER×HUNTER】はいつ再開されるのでしょうか?週刊少年ジャンプの連載の最期は2018年11月26日の52号。

2019~2021年の3年間は連載がありませんでした。

2022年は連載があるのでしょうか?

2022年に週刊少年ジャンプに問い合わせた方がおられます。その結果⇓

再開の見込みや日程については週刊少年ジャンプにて告知するとのこと

2022年に連載があるかは完全に不透明です。

毎週コンビニでジャンプの表紙を見て確認するしかなさそうです(涙)

【HUNTER×HUNTER】は無事終わるのか?

一番の心配事としては【HUNTER×HUNTER】は終わるのか?ということですよね。

連載の目途が立たないこと。

ラスボスがおらず、終りが分からないこと。

【HUNTER×HUNTER】の各章ごとの結末が一筋縄ではいかないものばかり。

以上の観点から、

このまま連載されず、未完のまま終わる。

風呂敷をたたまず、中途半端のまま形だけ終わらす。

ということも十分考えられます。

個人的には、

風呂敷をたたまず、中途半端のまま形だけ終わらす。

が一番有力な気がします。

【HUNTER×HUNTER】休載の歴史

【HUNTER×HUNTER】は1998年から週刊少年ジャンプで連載が始まっています。

2022年現在で単行本は36巻まで出ています。

24年で36巻は少なすぎます。理由は単純で、休載が多いからです。

では、ここで【HUNTER×HUNTER】の休載の歴史を見てみましょう!

2006年2月~2007年10月⇒1年8ヶ月
2007年12月~2008年2月⇒3ヶ月

2008年5月~2008年9月⇒4ヶ月

2008年12月~2009年12月⇒1年

2010年6月~2011年8月⇒1年1ヶ月

2012年3月~2014年5月⇒2年3ヶ月

2014年9月~2016年4月⇒1年8ヶ月

2016年7月~2017年6月⇒11ヶ月

2017年9月~2018年1月⇒4ヶ月

2018年4月~2018年9月⇒5ヶ月

2018年12月~?

2006年から休載の歴史は始まったようです。

今では休載が当たり前になっているのですが、2006年辺りでは、今みたいになるとは夢にも思いませんでした。

休載が多い分、連載が始まったときの喜びが半端ないことは皆さんも同じだと思います。

休載理由は?

これだけ休載しているには、理由があるはずです。冨樫義博さんが休載する理由をいくつか挙げてみました。

お金がありすぎてモチベーションが低い説

【HUNTER×HUNTER】は36巻まで発行されています。発行部数は7800万部です。

漫画の作者は1冊につき40円の収益があると言われています。

7800万部×40円=31億2000万円

もう、お金のためなら、働かなくてもいいですよね。

働く理由がないから、漫画を描かないという説があります。

公には言わないかもしれませんが、これはありそうな気がしますね。

クオリティを求めすぎる説

冨樫義博さんは完璧主義者で有名です。

緻密な設定、躍動的で美しいコマ割りなど、【HUNTER×HUNTER】のクオリティは高いです。そのクオリティを週刊連載で維持することは困難です。

話を考える人と漫画を描く人が別れているならば、良いのですが、冨樫義博さんは話も考えるし、漫画も描く。心労も半端ないと思います。

風呂敷を広げすぎてたためない説

【HUNTER×HUNTER】は当初、主人公のゴンがハンターを目指すという単純な内容で、バトルものだったのですが、途中から、内容が複雑になっていきます。それにともない、未だ解決されていない内容が複数発生してしまいました。

解決されないまま、次の章に進む、また解決されない内容が増えて、次に進むとどんどん風呂敷が広がりすぎて、たたみ方が分からなくなった説もあります。

もう、こうなったら風呂敷たたまなくていいので、早く続きが読みたいんですけどね…

病気の様態が悪化している説

冨樫義博さんは腰痛持ちです。椅子に座り続けなければならない漫画家ならではの職業病ですよね。

「10段階で10の痛みの時は、一晩中1cmたりとも体を動かせない」

「寝たきり→第3匍匐→ハイハイ→つかまり立ちを経て病院へ」

「20代では出来たうつ伏せでの執筆が体が硬くなって出来ない。」

腰痛だけではなく、精神的に弱いということもあるようです。気分も上がり下がりがありますので、たまたま今、気分的に沈んでいるだけなのかもしれませんね。

家族仲が悪い説

家族仲(主に妻)との仲が悪いというウワサがありますが、結論から言いますと完全なデマです。詳しくは⇓こちらの記事をご覧ください!

冨樫義博の嫁は武内直子!漫画家同士の結婚で子供は2人!!

世間の声

まとめ

冨樫義博さんは現在、全く漫画を描いていない。

何をしているかは不明。【HUNTER×HUNTER】の再開も未定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。